銀行融資 カードローン

銀行融資カードローン

銀行融資カードローンはどこがいい?

 

銀行融資,カードローン

 

カードローンを選ぶときに、ポイントは、

 

  • 審査に通るか
  • 金利が安いか

 

です。

 

銀行融資カードローンは、金利が安いといわれていますが、実は消費者金融なみのカードローンもあります。

 

また、銀行カードローンには消費者金融にあるような、「無利息期間」がありません。

 

借り方や借りる金額、返済までの日数によっては、消費者金融のほうが総支払い利息が安くなったりするんです。

 

「なにがなんでも、銀行カードローンの融資がベスト!」と考えるのは、ちょっと違うかなーと思います。

 

短期や、10万円以内の少額の借り入れをするなら、消費者金融系のカードローンも検討しているといいですよ。

 

銀行からカードローンの融資をうけるには審査に通らないといけない。

当たり前の話なんですが、「銀行カードローンを借りたい!」と思っても、審査に通らないと借りれません。

 

一般的に、銀行融資より消費者金融融資のほうが、審査が簡単といわれています。

 

銀行カードローンに申し込んで審査に通らなかった方は、消費者金融で借りる方法があります。

 

もちろん、無利息期間を利用できる点で、消費者金融のほうが得な場合もあります。

 

僕のおすすめ銀行融資カードローン、と消費者金融系ローン

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

銀行融資というと、その銀行に普通口座を作ることが前提となっていますが、バンクイックの場合は口座を作らなくても利用できます。
実際、バンクイックを利用している半数の方が、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないそうです。
僕も口座なしで利用していて、おすすめです。
バンクイックの詳細・申し込みはこちら

 

三井住友銀行カードローン

つぎにおすすめなのが、三井住友銀行カードローンです。
ここは友達が使っているのですが、評判がいいらしいですよ。
三井住友銀行カードローンも口座なしで利用できる銀行融資です。
三井住友銀行カードローンの詳細・申し込みはこちら

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大手のメガバンクですよね。
安心感があっておすすめです。審査はちょっと厳し目かと思いますが、正社員などそれなりに安定収入がある方は大丈夫でしょう。
みずほ銀行カードローンの詳細・申し込みはこちら

 

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して、設立したインターネット銀行です。
ネット銀行なのでネット申し込みからの対応は早いですよ。
auユーザーなら金利が0.5%安くなったり、審査の申し込みがしやすかったり、審査が早かったり、かなりメリットがあります。
じぶん銀行カードローンの詳細・申し込みはこちら

 

おすすめ消費者金融系ローン

消費者金融系ローンも紹介します。
無利息期間を最大限に利用して、損をしないようにしましょう。

プロミス

初回の借り入れ日翌日から30日間無利息です。
詳細はプロミス公式サイトでチェック!
アコムと人気を二分する消費者金融系ローンで、アコム・モビットより上限金利が安いです。
最短1時間で融資が可能と、とても早い消費者金融。
※いまキャンペーン!新規契約で2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえます!
プロミスの詳細・申し込みはこちら

 

アコム

契約日から発生する30日間の無利息期間が利用できます。
早く借り入れして返済するのがお得ですね。
アコムの詳細・申し込みはこちら

 

モビット

電話連絡なし、郵送なしで借り入れできる人気のモビット。
上限金利はアコムと同じです。
10秒簡易審査で簡単です。
モビットの詳細・申し込みはこちら

 

 

アコムで借り入れ

銀行融資※カードローンはどこがいい?僕のおすすめと使ってよかったところ
すぐ借りれるキャッシングは魅力的です。しかし"すぐ借りれる"ことを軽く考えてはいけないと思いました。

 

初めて私がキャッシングを利用したのはアコムで、生活費が足りないためでした。「初めてのアコム」で有名な王手金融を選びましたが、初めてということもあり、不安や緊張を抱えたままの契約になりました。

 

インターネットから申し込みをして、むじんくんという自動契約機でタッチパネルで契約を進め、質問に答えて最終的には1時間もかからずにカードが発行されました。そこから必要だった2万円を引き出し、当
月の生活費をまかなうことができました。両親や勤め先に知られることがない対応は、とてもありがたいものでした。

 

翌月には返済も無事に完了し、キャッシングの便利さを知ることができたのです。しかしそれが私の考えの甘さでした。
それ以降は生活費も安定し、お金を借りる必要はありませんでした。しかしある日、旅行代や家電の買い替え等が重なり、また生活が苦しくなってしまいました。再びお金を借りることには戸惑いはあったものの、カードのことを思い出し、すぐにATMでお金を引き出しました。

 

今回は契約をしたわけではなく、簡単にお金を引き出せてしまったため、返済のことを考えずに多めに使ってしまいました。そして返済金額を見たときに現実を知り、緊張感は常に必要だということに気づきました。

 

アコムは借入れ方法がたくさんあり、対応もとても丁寧なので、容易に利用することができます。カードが発行されれば、すぐ使えるのも魅力です。ただし、すぐに借りれるといっても「お金を借りている」という緊張感は大切です。

 

アコムの詳細・申し込みはこちら

 

プロミスで借り入れ プロミスは即日融資可能

銀行融資※カードローンはどこがいい?僕のおすすめと使ってよかったところ
私はアルバイトをしていた頃、キャッシングを利用しました。

 

大手で名前も知っていたこと、「即日融資」を売りにしていること等が理由で、消費者金融の「プロミス」を選びました。

 

アルバイト時代、私はギリギリの生活をしていました。その頃は家賃は親に払ってもらっていたのですが、食費、光熱費、通信費等に私の給料は消えていきました。やがてはお金が足りなくなってしまいましたが、親に相談する勇気はありませんでした。

 

当日に通信費を払わなければいけなかった私は、すぐ使えるキャッシングを探し、プロミスに辿り着きました。プロミスは窓口や自動契約機に行かなくてもWebのみで契約ができ、口座振込を利用すればカード発行を待つ必要もありません。

 

審査は1時間ほどで完了し、さらにジャパンネット銀行の口座を持っていたため「瞬フリ」が利用でき、すぐにお金を借りることができました。そして通信費の引き落としもされ安心しました。

 

プロミスはすぐ借りれるキャッシングというだけでなく、丁寧で細かい配慮のある金融機関です。例えば「親に知られたくない」と思っていた私ですが、郵送物の有無や在籍確認、電話の有無等が借りる前に詳しくわかったため、安心して利用できました。アルバイトの私でも審査に落ちることはなく、無利息期間中に返済し、とても便利に活用することができました。

 

キャッシングで借入れすることを予知している人は少ないかと思います。そんなときに味方になってくれるのは「即日融資に強い金融機関」だということを覚えておきましょう。

 

プロミスの詳細・申し込みはこちら

 

 

↑ PAGE TOP